書家(書道家) 祥洲の墨の世界 _ 2015年 主な活動

祥洲 / 2015年の主な活動


αSTATION(FM京都89.4)
「デジュネ・ア・キョウト」出演 (DJ : 森夏子さま)

※終了しました
11月27日午前11時10分ころから20分ほど出演。
実は書に関してではなく・・・「お気に入りの京都の昼ごはん」がテーマ。
とても美味しいギョーザのお店紹介です。LinkIcon番組Facebook

IMG_2067.jpgIMG_2067.jpg
αSTATIONにて(右から)横道様、祥洲、涌井様

Roots of Kawaii「内藤ルネ」~過去・現在、そして未来へ~
Ageless Kawaii <プティ・タ・プティ>
東京新宿伊勢丹本館4階 センターパーク/ザ・ステージ#4
映像作品の中に祥洲の書が登場(※展示は東京展のみとなります)

※終了しました
10月21〜27日開催の上記イベントにおいて映像の中で祥洲の書が登場。
内藤ルネさんの言葉を、一般的な動物の毛の筆ではなく、木材の先端を使用して書き上げた
ひらがな交じりの詩文書です。

内藤ルネ 祥洲内藤ルネ 祥洲内藤ルネ 祥洲内藤ルネ 祥洲内藤ルネ 祥洲内藤ルネ 祥洲ポスター.jpgポスター.jpg
↑写真は祥洲書による原作の一部分であり映像作品中のものとはレイアウトが異なります。

内藤ルネ・・・「カワイイ文化の祖」と言われている「内藤ルネ」。その独特な感性と多彩な才能で
世界中に広がる日本独自の「Kawaii」文化の原型をつくったアーティスト。(敬称略)

京都サンガF.C. × 祥洲 / 墨翔会 コラボ企画 2015
昨年に引き続き、京都サンガF.C.様とのコラボイベントが実現!!!

DSC04357_HP.jpgDSC04357_HP.jpg
匠吾・宮吉選手・HILOKI・山瀬選手・祥洲・駒井選手(10/25@西京極陸上競技場)

京都サンガF.C. × 祥洲 / 墨翔会 コラボ企画を記念して
「書家・祥洲先生筆!一筆入魂フェイスタオル」
山瀬選手・駒井選手・宮吉選手 3選手バージョン
期間限定受注販売

※終了しました
以下は京都サンガF.C.プレスリリースより
<このたび京都サンガF.C.では「書家・祥洲先生筆!一筆入魂フェイスタオル」を発売いたします。書家・祥洲先生がサンガファンのために執筆した力作がフェイスタオルとなって初登場!
今回、山瀬選手、駒井選手、宮吉選手が「サッカー選手として大切にしている言葉」を祥洲先生が執筆。名前、背番号と一緒に書き上げた、渾身のタオルとなっています。期間限定の受注商品になりますので、ぜひお見逃しなく!>

祥洲 一筆入魂祥洲 一筆入魂祥洲 一筆入魂祥洲 一筆入魂
祥洲書による「一筆入魂フェイスタオル」特設ブース10月25日大宮戦@西京極

15ippitsu-FaceTowel_banner.jpg15ippitsu-FaceTowel_banner.jpg京都サンガF.C. 山瀬 祥洲京都サンガF.C. 山瀬 祥洲京都サンガF.C. 駒井 祥洲京都サンガF.C. 駒井 祥洲京都サンガF.C. 宮吉 祥洲京都サンガF.C. 宮吉 祥洲

京都サンガF.C. × 祥洲 / 墨翔会 コラボ企画
祥洲/墨翔会児童によるウェブ書道展

※終了しました
墨翔会に所属する小学生以下のこどもたちが、サンガへの「エールの書」を書きました。
400点を超える作品の中から、山瀬選手、駒井選手、宮吉選手の3選手本人が選出した
入賞作品が「京都サンガF.C.オフィシャルHP特設コーナー」で公開。
webten01.jpgwebten01.jpgwebten02.jpgwebten02.jpgwebten03.jpgwebten03.jpgwebten04.jpgwebten04.jpg

京都サンガF.C. × 祥洲 / 墨翔会 コラボ企画
10月25日@西京極「ゲーフラ 一筆入魂会」

※終了しました
祥洲/墨翔会の精鋭書家、HILOKI &福田匠吾 がゲーフラに入魂の書を代筆!!!
2015明治安田生命J2リーグ第38節 大宮戦 @西京極 一筆入魂特設ブース
HILOKI&福田匠吾H&S_HP.jpgH&S_HP.jpg

京都サンガF.C. × 祥洲 / 墨翔会 コラボ企画
「 祥洲 + HILOKI + 福田匠吾 」 3人揃ってのメディア出演

※終了しました
10月21日 α-STATION (FM京都89.4)「SUNNYSIDE BALCONY」
SUNNYSIDE BALCONYSUNNYSIDE BALCONYSUNNYSIDE BALCONYSUNNYSIDE BALCONY
DJの寺田有美子さん、京都サンガF.C.コーチ美尾敦氏と。スタジオの用具でまさかの一筆も。
写真:SUNNYSIDE BALCONY

10月23日 KBS京都テレビ「ぽじポジたまご」
ぽじポジたまごぽじポジたまごぽじポジたまごぽじポジたまご
生放送を終えて。出演時の1シーン。

京都サンガF.C. × 祥洲 / 墨翔会 コラボ企画
「サンガタイムズ / 特集記事掲載」

京都サンガF.C.発行「サンガタイムズ」特集記事
times_headforWEB.jpgtimes_headforWEB.jpgtimes_head2forWEB.jpgtimes_head2forWEB.jpgtimesforWEB.jpgtimesforWEB.jpgshoshu_datu.jpgshoshu_datu.jpgsanga_shoshu.jpgsanga_shoshu.jpg

sanga_HILOKI.jpgsanga_HILOKI.jpgsanga_shogo.jpgsanga_shogo.jpgh&s_gameflag.jpgh&s_gameflag.jpg

書祭り 2015秋

※終了しました
9月22日~27日 ギャリエヤマシタ2号館

搬出作業を終えて記念撮影???
maturianimation2.gif


書祭り 祥洲書祭り 祥洲書祭り 祥洲書祭り 祥洲DSC07939.jpgDSC07939.jpgmaturibito.jpgmaturibito.jpg祥洲 祭祥洲 祭祥洲 書 : 「 祭 」

出品者全員が京都教室に集まり、高さ1.4メートルの紙に一発勝負で書き下ろした作品で構成。
何枚も書きこんだ作品のような完成度はなくても、まさに一期一会・・・心をこめて懸命に自分を表現しました。書を学び始めて1年未満の新人からプロ書家まで、みんな「書が大好き」という気持ちで結束。お祭りのような楽しい空間を目指しました。
※展覧会BGM(祥洲セレクト):カーディガンズ

マキイマサルファインアーツ企画展
monotone summer

※終了しました
8月1日~9日 マキイマサルファインアーツ

祥洲 MMFA祥洲 MMFA祥洲 MMFA祥洲 MMFA

「さまざまな書のカタチ展」(京都)にて公開の祥洲最新作「宮島詠士へのオマージュ -澄-」、
2011年東京マキイマサルファインアーツでの企画展「祥洲の墨の世界」にて発表の
墨の神をテーマにした「墨身」を新たに京表具にて軸装。装いを新たにした「墨身」(約高さ2.4メートル×幅1.1メートル)2点を京都に引き続き、公開。

祥洲/京都教室メンバー有志による書作展
「さまざまな書のカタチ 8 -軸装展- 」

※終了しました
7月21日~26日 ギャリエヤマシタ2号館 1F&2F

毎回1,000名以上の来場者数を記録する
祥洲プロデュースによる人気シリーズ展「さまざまな書のカタチ」。
今回展は 前田倫明氏による京表具の軸装展 として、祥洲ほかメンバー53名が出展。

祥洲は、日本明治期の書の巨星「宮島詠士」の表現を祥洲独自の自家製墨で再現した最新作、
「宮島詠士へのオマージュ -澄-」をメイン作品として発表。(2F会場にて展示)
また、2011年東京マキイマサルファインアーツでの企画展「祥洲の墨の世界」にて発表の
墨の神をテーマにした「墨身」を今回展のために新たに京表具にて軸装。装いを新たにした
「墨身」(約高さ2.4メートル×幅1.1メートル)を公開。(1F会場にて展示)
※展覧会BGM(祥洲セレクト):カレンソーサ&Retro Chic

墨身墨身会場風景祥洲祥洲祥洲祥洲
forWeb2.jpgforWeb2.jpg搬入スタッフ/祥洲・小山恵莉・福田匠吾・五十棲 環・奥田百恵・片岡正克・HILOKI

私が20代の終わり頃、「宮島詠士」の作品に衝撃を受けました。書線の周りが白く輝き、文字全体を包み込むようなニジミが広がっている。こんな表現があるのか、と私が持っていた書の概念が音を立てて崩れていきました。それ以来、宮島詠士の表現世界を目指して書法や素材研究を続け、30年ほどの歳月が過ぎました。そして今回、初めて宮島詠士へのオマージュ作品として「澄」を発表いたします。まだまだ、まだまだ、お恥ずかしいレベルではありますが、是非見てやって下さい。
祥洲/最新作「宮島詠士へのオマージュ -澄-」祥洲 宮島詠士祥洲 宮島詠士

宮島詠士・・・慶応3年(1867年)~ 昭和18年(1943年)歿。77才。山形県出身。
11歳で勝海舟の門に入る。明治20年(1887年/20歳)で中国へ。清末の学者・書家として著名な張廉卿(ちょうれんけい)に直接師事。「張猛龍碑」「九成宮醴泉銘」などをベースに、ニジミを大胆に取り入れた作品群は日本書道史の中でも異彩を放つ。

αSTATION「サニーサイドバルコニー」
祥洲 生出演

※終了しました
7月22日

写真は生放送直後のスタジオで寺田有美子さんと。手にしているのは開催中の「さまざまな書のカタチ展」図録です。
0722_αSTATION.jpg0722_αSTATION.jpg

祥洲と墨集団翔Sho代表作家展
「書・墨・美 2015 in 京都」

※終了しました
5月22日~24日 ギャリエヤマシタ2号館 1F

本年3月の東京展に続き「墨集団翔Sho 代表作家展 書・墨・美」を京都にて開催。
僅か3日間の会期ですが、私と8名の素晴らしいメンバーたち、五十棲 環、大西美弥子、奥田百恵、川尾朋子、小山恵莉、HILOKI、福田匠吾、吉田直未の力作をご覧下さい。

祥洲出展作品は・・・
1998年に発表を開始した祥洲の代表的なシリーズ作の1つ、「解体された新しい書のカタチ」から「光」。中国(上海など)、東京(三越銀座など)以外での展示は約15年振りとなります。
また京都ハンナリーズの全選手がサインを寄せて下さった応援ボードと書作品「頂上」、
CDジャケットシリーズの小品「風」を出展。
※展覧会BGM(祥洲セレクト):レニークラビッツ


書家祥洲書家祥洲書家祥洲書家祥洲書家祥洲書家祥洲書家祥洲書家祥洲

プロバスケットボールbjリーグ
「京都ハンナリーズ」プレイオフに祥洲の書が登場!!!

※終了しました
プロバスケットbjリーグ2014-2015シーズンでリーグ最多勝記録を更新、見事、第1位となった京都ハンナリーズ。PLAY OFFでの応援ボードに祥洲の書が登場。
応援ボードプレスリリース/京都ハンナリーズ公式サイト内はLinkIconこちら

書家 祥洲 ハンナリーズ書家 祥洲 ハンナリーズ書家祥洲書家祥洲書家 祥洲 ハンナリーズ書家 祥洲 ハンナリーズ書家 祥洲 ハンナリーズ書家 祥洲 ハンナリーズ書家 祥洲 ハンナリーズ書家 祥洲 ハンナリーズ


eo光テレビ / ニュースKの特集コーナー「関西の匠 / 書家・祥洲」

※終了しました
5月6日午後5時から「eo光テレビ」の「ニュースK」に出演いたします。
2013年3月放映分のGW特別編成番組として再放送。ご覧になれる方は是非。
作品紹介・インタビュー・揮毫風景などなどが登場します!!!

番組の一場面から→書家祥洲書家祥洲

祥洲と京都教室メンバー5名によるグループ展「Color」

※終了しました
3月24日(火)~29日(日)
ギャリエヤマシタ2号館 2F
(京都市寺町三条上がる西側)

祥洲京都教室メンバーから、岡田慶子・小林真紀子・小山恵莉・鈴木裕子・中村駿一の5名が、祥洲と共に新作を発表いたします。また上記東京展での祥洲出展作品を一部、京都でも公開。さらに1Fでの「福田匠吾 個展」と同時開催。

■祥洲出展作品
書・墨・美 2015(東京)にて発表の「五彩-墨に五彩あり-」「幻」に加え、最新作「墨幻♯2」「墨幻♯3」「Sicilian Blue -Inspired by the sound of 上原ひろみ-」の5点を出展。
※展覧会BGM(祥洲セレクト):上原ひろみ


各メンバーの作品
祥洲 / 岡田慶子 / 鈴木裕子 / 中村駿一 / 小山恵莉 / 小林真紀子 / メンバー
書家 祥洲書家 祥洲祥洲と墨集団翔Sho祥洲と墨集団翔Sho祥洲と墨集団翔Sho祥洲と墨集団翔Sho祥洲と墨集団翔Sho祥洲と墨集団翔Sho祥洲と墨集団翔Sho祥洲と墨集団翔Sho祥洲と墨集団翔Sho祥洲と墨集団翔Shomember3.jpgmember3.jpg

搬入を終えて HILOKI、祥洲、福田匠吾、中村駿一、小山恵莉、岡田慶子、鈴木裕子、小林真紀子
member0.jpgmember0.jpgmember1.jpgmember1.jpg

祥洲と墨集団翔Sho代表作家展「書・墨・美 2015」

※終了しました
3月6日(金)〜15日(日)
マキイマサルファインアーツ 1F LinkIconマキイマサルファインアーツ
(東京都台東区浅草橋1-7-7 / tel:03-3865-2211)

↓ 出展メンバー / ギャラリーにて 2015.03.07
祥洲と墨集団翔Sho

我が「墨集団翔Sho」中心メンバーから、今回展では、五十棲 環・大西美弥子・奥田百恵・川尾朋子・HILOKI・福田匠吾・吉田直未の7名が、祥洲と共に新作を発表いたします。
出展メンバーはそれぞれが独自の活動を展開しており、その個性的な表現世界を存分にお楽しみ下さい。

ギャラリートーク/祥洲出展作品/会場風景
書家 祥洲書家 祥洲書家 祥洲書家 祥洲書家 祥洲書家 祥洲書家 祥洲書家 祥洲祥洲と墨集団翔Sho祥洲と墨集団翔Sho祥洲と墨集団翔Sho祥洲と墨集団翔Sho祥洲と墨集団翔Sho祥洲と墨集団翔Sho

各メンバーの作品
五十棲 環 / 奥田百恵 / 大西美弥子 / 川尾朋子 / HILOKI / 福田匠吾 / 吉田直未
m_tamaki.jpgm_tamaki.jpg祥洲と墨集団翔Sho祥洲と墨集団翔Sho祥洲と墨集団翔Sho祥洲と墨集団翔Sho祥洲と墨集団翔Sho祥洲と墨集団翔Sho祥洲と墨集団翔Sho祥洲と墨集団翔Sho祥洲と墨集団翔Sho祥洲と墨集団翔Sho祥洲と墨集団翔Sho祥洲と墨集団翔Sho

東京・京都の2展覧会にて公開
祥洲2015年最新作「五彩 -墨に五彩あり-」
制作ノート
五彩は五色のことではなく、様々な色材以上に多彩な色が表現できるの意。例えば白黒映画。白から黒までの無彩色でありながら、見る側の記憶や想像力によって色彩を感じることが出来ます。「墨に五彩あり」と言われるのはこのようなことではないかと思っています。日中書道史上の名品「張猛龍碑」「王羲之十七帖」「宮島詠士」を学び続ける中で得た書法を基に書き上げました。
木製パネルに下地材+数種の墨+アクリル絵具(銀色)にて地塗りを積層、文字部分は自らが煤から調合し練り上げた祥洲自家製墨を使用。筆はシュロを束ねた特製。制作期間約1ヶ月、F6。
書家 祥洲書家 祥洲書家 祥洲書家 祥洲

ページの先頭へ