書家(書道家) 祥洲の墨の世界 _ 2005〜2009 Pickup


恒例の祥洲新作発表個展のタイトルは-我、古典ヲ愛ス-。2009年は作家活動の原点で
ある「古典臨書」をテーマに大小織り交ぜ約30点の新作を発表した。オープニングは
ギャラリーオーナー:牧井優氏とのコラボによる公開制作に始まり、親交深きピアニス
ト:河原崎豊氏によるライヴ&祥洲とのトーク。取材報道も多く大きな話題となった。

マキイマサルファインアーツ公式サイト

書家祥洲書家祥洲
書家祥洲書家祥洲
書家祥洲書家祥洲
書家祥洲書家祥洲
書家祥洲書家祥洲
書家祥洲書家祥洲
書家祥洲書家祥洲
書家祥洲書家祥洲

ページの先頭へ


北井企画代表:北井康郎氏セレクションによる企画展。近年の代表作「墨魂シリーズ」を
中心に構成。スケールの大きな展示空間で作品群はゆったり呼吸していた。大作6点に
加え、新作の小品も合わせて出展。

北井企画公式サイト

書家祥洲書家祥洲
書家祥洲書家祥洲
書家祥洲書家祥洲
書家祥洲書家祥洲
書家祥洲書家祥洲
書家祥洲書家祥洲
書家祥洲書家祥洲
書家祥洲書家祥洲

ページの先頭へ


中国・日本・ロシア・韓国・北アイルランドの五カ国共催による
「黒龍江文化芸術の冬 / 日本現代芸術家 祥洲先鋒墨美展」。
黒龍江省を皮切りに、上海、そして東京を巡回。 開幕式典&図録には
中国大使館特命全権大使の宮本雄二氏の挨拶も寄せられた。
ここでは搬入から開幕式典、中国テレビによるプライベートタイムも含めた密着取材の
様子、会場の一部、日中新聞、新美術新聞記事などを紹介。
併展 : 墨集団翔Sho代表作家展(五十棲環・川尾朋子・HILOKI)。
日中での代表的な記事や論評などは こちら をご覧下さい。

祥洲,書家祥洲,書家
祥洲,書家祥洲,書家
祥洲,書家祥洲,書家
祥洲,書家祥洲,書家
祥洲,書家祥洲,書家
祥洲,書家祥洲,書家
祥洲,書家祥洲,書家
祥洲,書家祥洲,書家
祥洲,書家祥洲,書家
祥洲,書家祥洲,書家

ページの先頭へ



世界有数の家具メーカーである、カッシーナ(イタリア)。
2008年の「先鋒墨美/上海展」(協賛:Cassina)で
レニーマッキントッシュ作のヒルハウスと、
祥洲の墨と写真のデジタル融合作「痕跡と変容」が共演した。
もう一つは、リーン・ロゼ(フランス)。
2003年の「祥洲の墨の世界/ドイツ展」(主催 : ligne roset)。
家具のフォルムに「花」の一文字書が結びついた。
思い出深き二つの展覧会である。

祥洲,書家祥洲,書家
祥洲,書家祥洲,書家
祥洲,書家祥洲,書家
祥洲,書家祥洲,書家
祥洲,書家祥洲,書家
祥洲,書家祥洲,書家



ページの先頭へ


恒例の祥洲新作発表個展。中国やヨーロッパで好評を得た「墨魂シリーズ」と音楽を
モチーフにした新シリーズ「Inspired by the sound」を発表。エリッククラプトン、
ジミヘンドリックス、ビルエバンス、マイルスデイビス、キースジャレット、ピンク
フロイド、キングクリムゾンなど、美術ファンのみならず音楽ファンも多数来場した。

マキイマサルファインアーツ公式サイト

祥洲,書家祥洲,書家
祥洲,書家祥洲,書家
祥洲,書家祥洲,書家
書家 祥洲祥洲,書家書家 祥洲祥洲,書家
祥洲,書家祥洲,書家
祥洲,書家祥洲,書家
祥洲,書家祥洲,書家
祥洲,書家祥洲,書家

ページの先頭へ


2階会場は新作「 Inspired by the sound 」シリーズの独壇場。祥洲が特別編集した
イメージ画像や音楽が流され、作品の原点となったCDジャケットなども展示。
オープニングには祥洲が応援するジャズピアノトリオ " mug " がスペシャルライヴを
開催。会場は入場制限されるほどの人気を博した。

マキイマサルファインアーツ公式サイト

書家祥洲 クラプトン/ジミヘンドリックス書家祥洲 クラプトン/ジミヘンドリックス
書家祥洲 クラプトン書家祥洲 クラプトン
書家祥洲 クラプトン書家祥洲 クラプトン
祥洲,書家祥洲,書家
書家祥洲 ジミヘンドリックス書家祥洲 ジミヘンドリックス
祥洲,書家祥洲,書家
祥洲,書家祥洲,書家

ページの先頭へ


京都の新春を彩る祥洲書作展。むつろ辻が花とのコラボとなる軸装作品を中心に構成。
片山雅美氏の陶芸作品と上村京子さんの花も協賛出展。
主催: むつろ辻が花 企画: 祥愛ギャラリー 協賛: バード電子、玉泉堂、マツモトガクブチ

祥洲,書家祥洲,書家
祥洲,書家祥洲,書家
祥洲,書家祥洲,書家
祥洲,書家祥洲,書家
祥洲,書家祥洲,書家

ページの先頭へ